介護職への資格取得支援

最近、よく見るニュース。

急激な景気悪化で増える失業者に、人手不足に悩む介護業界で働いてもらおうと、国や自治体が介護の資格取得支援に力を入れている。

 生活費を貸与する自治体もあり、失業対策と人手不足解消の“一石二鳥”となるかが注目される。

 東京都は5日、失業した都民らを対象に、ホームヘルパー2級の取得支援や就職先の紹介などを行う「TOKYOチャレンジ介護」を始めた。資格取得費用を全額助成するほか、生活費や就職一時金として最高95万円を貸与する。
関連記事

 需要が落ち込む中で、介護に対する需要は増える一方なわけですから、もう全国的に行うべきことなのでしょうね。


介護のお仕事

今日、「セントケア」という介護関係の求人募集をされているサイトを「就活お役立ち求人情報サイト」で紹介させていただきました。

介護の仕事というのは、私にとっても尊敬する仕事の1つです。

私の祖母も一時寝たきりになった時があったのですが、母親が介護しているのを見てこういったことを仕事にしている人は凄いなぁと思ったものです。

一人の人間を介護するのにも大変なのに、仕事となれば何人もの人を見なければならないのですからね。

私には、到底できないなぁと思っています。

しかし、私の思いとは裏腹にこういった仕事は人気があるようですね。

確かに仕事はしんどいですけど、人の役に立っているという事を肌身を通して感じることが出来るのでやりがいがあるのでしょうね。

それに、求人の数も結構多いようなので志望する人も多いようです。

しかし、中には安易にこういった業界を志望して想像と現実の違いにやめる人もたくさんいると聞きます。

やってみないと適正は分かりずらいとは思うのですが、この業界を目指すのであればそれなりの覚悟は必要だと思います。


1

categories

archives

recommend

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode