バブル期並みの求人数!?

日本経済新聞によると、主要企業95社のうち「採用活動を続けている」と答えた企業は今月中旬時点で36社と全体の36パーセントだそうです。

その内14社は内定予定者数に達していない事を理由に挙げています。

なんでも求人数だけで見るとバブル期に匹敵しているらしいです。

やっぱり今年は職を探している人にとって、チャンスの年なのかもしれないですね。

この、状態はどうやら来年も続くようですし既卒やフリーターの方にとっても職を探す良い機会ではないかと思います。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode