期待のジャパニーズ・イノベーション

グローバル化による過当競争、少子化による生産性の減少などなど、先行きがあまり明るく見えない日本なのですが、それらを打ち破るべくイノベーションに期待がかかっています。

イノベーションとは、

〆新、新機軸
∪源叉蚕僂粒弯靴世韻任覆、新商品の導入、新市場・新資源の開拓、新しい経営組織の実施などを含む概念。シュンペーターが用いた。日本では技術革新という狭い意味に用いる事が多い。
(広辞苑より)

という意味だそうです。

気になるのが日本では、技術革新という狭い意味に用いるという事です。

今日の日経新聞にも上記したシュンペーターの示しているイノベーションの類型5つ(/契宿吻⊃契祝´新原材料た兄埔讚タ形反ァ砲瞭癲⊃兄埔譟⊃形反イ置き去りにされていると書かれています。

シリコンバレーでは、組織の壁を越えて、人材や情報の活用を促しているそうです。

「組織の壁を破り、新市場を開拓する」こういった視点を新製品や新技術を開発する事に加えられれば、日本の企業の新しい道が見えてきそうな気がします。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode