アップルコンピューターの携帯電話!?

アップルコンピューターが携帯電話を発売するようなのですが、これがまた格好いい。

関連記事

米アップルコンピュータが1月9日(米国時間)、iPodにスマートフォンの機能を持たせた新製品「iPhone」を発表した。携帯電話機能を持つiPodの登場は長くうわさされていたが、Webブラウザ機能や電子メール対応など予想を上回る機能を搭載してきた。スマートフォンの従来の市場を大きく拡大する「The ultimate digital device」(米アップル CEO スティーブ・ジョブズ氏)になる可能性がある。

アップルコンピューターと言えば、もともとコンピュータ会社だったのですが、ipodをはじめ、今回は携帯電話とどんどん事業の幅を広げています。

そんなことから、社名もアップルコンピューターからアップルに変換するとか。

デザインが斬新だったことで、アップルコンピューターは一部のファン層を確保していたのですが、ipodの爆発的な人気で一気にファンを拡大しました。

その勢いに乗って今回は携帯電話でもデザインの力を発揮してさらにファンの囲い込みを広げそうです。

ところで、日本の企業でデザインで勝負していると言えばソニーです。

これまで、ソニーは携帯電話でもデザイン面でかなり評価されてきたのですが、もし日本でもアップルコンピューターの携帯電話が発売されるとなれば日本人のミーハーな部分を考慮しなくてもユーザーの移転が起こりそうな気がします。

しかし、これからは携帯電話というよりもスマートフォン(コンピュータを内蔵し、音声通話以外に様々なデータ処理機能を持った携帯電話)の時代のようです。

そうなってくると、やはり中身が重要になってくるのかも・・・。

そういった面で考えても、もともとがコンピュータ会社であったアップルコンピューターは強みを発揮しそうです。

IT企業が携帯電話に限らず、TV関係や自動車関係、教育関係など幅広い事業展開を行うようになりました。

その中で、既存の企業は危機にさらされたりしています。

しかし、その競争の中で新しいアイディアなども生まれているのですよね。

競争の激化で格差が広がって問題になっているのですが、この良い面も決して忘れてはいけないのですよね。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode