国家公務員の中途採用、来年以降も継続?

本日、参院予算委員会が開催され国家公務員の中途採用を来年以降も行う意向があることが示されました。

参院予算委員会は19日、社会保障・雇用・格差に関する集中審議を実施した。安倍晋三首相は主に30歳代の年長フリーターらを対象にした国家公務員への中途採用枠について「(2007年度の)応募状況をみながら決めたいが、定着を目指したい」と述べ、08年度以降も続けたいとの意向を示した。

関連記事

格差や雇用の問題は、国が少しばかり中途採用などの雇用を増やしたからといって解決するものではありません。

結局の所、民間企業が本気で動きださなければこれらの問題は解決しないのです。

しかし、予算委員会の中でも述べられていたのですが、中途採用による雇用人数は100名程度と少ないのですが、こういった格差是正の姿勢を国が見せ続けるという事が重要なのだと思います。

影響力の強いものがその姿勢を示すというのは、実はものすごく効果があるのですよね。

国家公務員の中途採用はぜひ、続けていってほしいものです。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode