IE7とWindows Media Player 11にアップグレード

当サイトを訪れている方に限らず、インターネットにアクセスしている人にはまだまだIE6(ブラウザ)を利用している人が多いようです。

しかし、既にIE7がマイクロソフトから提供されており、何かと便利な機能(タグ機能など)が新しく加えられているのでこの週末にでもアップグレードしてみてはいかがでしょうか。

タグ機能というのは、これまで複数のページを見ようと思うとウィンドウがたくさん開いていたのを、ウィンドウ一つの中でいくつものページを開いておけるようにしたものです。

同一ウィンドウの中で新しいページも開くことができるので、非常に軽快に動くので便利ですよ。

っと、私の下手な説明では意味がわからないと思うので、詳しくは以下のページで。

IE7

そして、もう一つは最近発売されたVISTAに搭載されているWindows Media Player 11なのですが、こちらもXP用として提供されています。

機能的にはそんなに変わっていないような気がするのですが、以前のものよりもシンプルで使いやすくなっているのでぜひこちらもアップグレードしてみてください。

Windows Media Player 11

この二つに共通するのは、一般の人にも使いやすいようにシンプルに作られているということです。

コンピューターのような新しいものが普及していくには、一部の人だけが利用できる段階から、機能や操作方法を簡素化して一般層へと普及するという段階を経ていくようです。

そして、コンピューターが本格的に一般層の利用しやすいものに変化を始めていることを考えると、そろそろコンピューターの普及の最終段階に来ているのかもしれません。

最近発売されたVISTAはリモコンでも操作できるように作られているそうです。

また、TVにも簡単に接続できるコンピューターも登場していることから、利用者は老若男女を問わないものとなってくると思います。

コンピューターの最大の特徴は、これまでのTVなどとは違い双方向で通信できることです。

誰でも利用できるものになれば、あらゆる人が情報を発信することになる訳でそこからが本当に面白いのかもしれません。

10年後にはいったいどうなっているのか、想像もできないのですが凄い世界になっていそうな気がするのは私だけでしょうか。。。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode