未来のテレビ、「有機ELテレビ」

朝ニュースを見ていたら、新型の薄型TVが紹介されていました。

何でも有機ELという技術を利用しており、今までの薄型TVと比べ物にならないくらい薄くて、キレイという事です。

それを見た時は、「すごいなぁ〜。いつ頃発売されるのだろう?」と思っていたのですが、ニュースの終わりに発売は未定でまだまだ先になるだろうと言って締めくくられていました。

この様な最新の製品が紹介されると、対外まだまだ先に発売されるという事が多く、数年先になることも多いのですよね。

その度に、「早く発売してくれればいいのに〜」と思う事が多かったです。

ところがどっこい、昼ごろにインターネットでニュースを見ているとソニーがこの薄型TVの年内発売予定を発表したとの事。

ソニーのテレビ事業を統括する井原勝美副社長は12日、東京都内で講演し、次世代の薄型テレビである「有機ELテレビ」を年内に発売する方針を明らかにした。有機ELテレビの販売は世界で初めて。液晶、プラズマに続く次世代薄型テレビが商品化段階に入ることになる。

関連記事

ソニーは前もって用意していたのかもしれないのですが、私は今の商品投入の加速化に押されてソニーは発売に踏み切ったのではないかと思っています。

グローバル化が進む中で、商品は次々に進化を遂げ、新商品が出るとその技術はすぐに真似をされ廉価版が登場します。

この様な中で、この有機ELの薄型TVはかなり画期的な商品で発売当初の売れ行きはかなりの物になりそうです。

今は液晶とプラズマが薄型TVの市場を独占しているのですが、あの有機ELの薄さと綺麗さがあれば市場を一気にひっくり返させる可能性を秘めていると思います。

そこで動いたのがソニーです。

まだ今の段階では価格がかなり高くなるようなのですが、もしコストを下げて価格を低く抑えることができれば他社に与えるインパクトはかなりのものになると思います。

シャープ、松下などは既存の薄型TVを作る為に高額の投資をしています。

しかし、それらの商品は有機ELテレビの登場で過去のものとなってしまうのではないでしょうか。

追記
鳩羽さん、内定おめでとうございます。
また、内定報告にご協力頂きありがとうございました。
WEBデザイナーの仕事頑張ってくださいね。祝


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode