最高気温更新で北極海の氷もピンチ?

暑すぎる夏。そろそろピークでしょうか?

就職活動をするにも何をするにも暑すぎるとやる気がわかないので早く涼しくなってほしいのですが、それ以上に深刻な問題も起こっているようです。
 

北極海の氷の面積が1978年の観測開始以来、過去最小になっていることが海洋研究開発機構などによる衛星観測で16日、分かった。地球温暖化による海水温度の上昇などが原因とみられる。氷は9月中旬まで減少が続く見通しで、国連の「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)の予測より30年以上も速いペースで解けている可能性が大きい。

関連記事

今日は74年ぶりに日本の最高気温を更新したそうなのですが、それらの影響が北極海の氷にも及んでいるようです。

冷房をつければ部屋は涼しくても、外にあつい熱を出すという事で少なからず快適さを実現する行動が温暖化に加担していたりするのでしょう。

とは言っても冷房を付けずには夜も寝れない暑さなわけです。

暑さを避ける行動がさらに暑くする。氷が解けると太陽光を反射できずにさらに水温が上昇する。

う〜ん、負のスパイラルに陥っているような気がしてしまいます。

何らかの努力が必要なのでしょうけど、何ができるのか?

っと真剣に考るだけで行動に移さない自分もまた何とも暑苦しい。

「この問題は深刻だからできるだけ電気をつかわないようにしよう」と行動にすぐ移せる人。

あるいは

「そんな問題は自分とは関係ない」と行動しない人。

そんなシンプルに考え行動できる人(行動しない人)が少しうらやましい。(笑)

追記
内定報告を募集しておりますので、もし内定をもらった方がいましたらご協力くださいね。

内定報告について



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode