失業率の高い沖縄の原因

沖縄は失業率が高いそうなのですが、こんな所にも原因があるのでしょうか。

確かに、沖縄には血縁の強いきずなが色濃く残っており、無職者でも暮らしやすい風土がある。それはそれで長所であろう。ただ、そのことが若い人の自立心や独立心をそいでいるとするならば、やはり対策は必要だ。調査で「生活のために働こうとする意欲に欠ける若者と、それを助長する親の職業意識の欠如」とも指摘しているが、ここは素直に耳を貸すべきだ。
 小さなころから、家庭や学校などで健全で建設的な職業観を自覚させることも、一つの方法だ。
関連記事

沖縄など島国では昔ながらのつながりを大事にしているという事がTVで美しい光景としてよく取り上げられるのですが、それが無業者の増加に加担している可能性もあるのでしょうか。

のんびりとした県民性があり働いていない人にも暮らしやすい環境があるようでそれが失業率の高さに影響を与えている可能性は高いと思うのですが、本州のセコセコと働くのとどちらがいいのかと言われれば何とも言えない気がします。

若者が無業者になっている事には対策も必要だとは思うのですが、それが行き過ぎてのんびりした風土が無くなってしまうのも何か違う気がするのですよね。

良い部分が悪い部分の原因になっている場合、悪い部分を是正するとよい部分にまでも影響が出てくる可能性は高いと思います。

就職する事が正しくて、無業者は絶対ダメだというのが沖縄の常識となれば、沖縄の雰囲気も変わってしまうのかもしれません。

追記
沖縄と言うのはちょっと独特の場所であり、県全体で観光事業を行っているといえると思います。

海が奇麗だからというのが観光名所になる理由ではあるとは思うのですが、それに加えてそこに住む人の県民性というのも大きく影響しているのではないでしょうか。

県民性の根源に非効率な事でも許せる風土があるのだとしたら、あまりにも効率を求めすぎるのも違う気がします。

他の地域に比べてあまりにも失業率が高いのである程度是正は必要だと思うのですが、少しくらいならそのままでもいいのではと思うのは贅沢でしょうか・・・。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode