オシム監督の後任は、10年ぶりの岡田監督?

岡田監督が再登場ですか?

日本サッカー協会は27日、脳梗塞(こうそく)で入院している日本代表のイビチャ・オシム監督(66)の後任として、1998年ワールドカップ(W杯)フランス大会で日本代表を率いた岡田武史元監督(51)に就任を正式要請することを明らかにした。既に岡田氏と接触した日本協会幹部は好感触を得ており、早ければ12月3日の常務理事会を経て同7日の理事会で正式に決定する。
関連記事

97年に岡田監督は日本代表の監督をしていたのですが、それから10年たって日本代表監督に返り咲くのでしょうか。

オシム監督は選手やファン、メディアからも高い評価を得ていたのでその後任を選ぶのはかなり難しいとは思うのですが、経験者である事やバランス感覚の良さから抜擢されたのかもしれないですね。

それにしても、オシム監督は体調がよくなっても監督復帰はほぼ無理という事が確実視されているようです。

オシム監督が監督に就任したころには、「オシム監督の考えるサッカーと成果主義の組織」なんて記事まで書いて期待していたので、オシム監督の作った日本代表をぜひ、ワールドカップで見てみたいと思っていたのですがそれは実現できないようです・・・。

う〜ん、岡田監督には悪いのですが、何かが後退してしまわないか不安に感じてしまうのです。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode