30歳を境に給料の差が一気に広がる現実(平均年収ランキング)

職種別平均年収ランキングが発表されました。
 

すべての年代でトップとなった「投資銀行業務」で、平均年収は、25〜29歳では577万円、30〜34歳では887万円、35〜39歳では1,281万円。続いて、やはり全年代で2位を獲得したのは、「運用会社(ファンドマネジャー・アナリスト・ディーラー)」で、1位と2位は投資関連の職種が独占した。以下、各年代のトップ5を見てみよう。

【25〜29歳】
1位「投資銀行業務」 577万円
2位「運用会社(ファンドマネジャー・アナリスト・ディーラー)」 544万円
3位「プロジェクトマネジャー(IT)」 525万円
4位「ITコンサルタント」 518万円
5位「コンサルタント」 517万円

関連記事

やはり銀行、投資関連は年収が高いようです。

引用部分の20代のランキングでは、そんなに職種別で差はないように感じるのですが30代以降になると一気に給料の差が広がっています。

そういえば、30歳以降に収入の差が一気に広がるというのは、昔からどこからともなく聞かされたいたような気が・・・。

現実に数値として表わされると、びみょ〜な気分。

追記
とは言え、年収が高い職種はそれだけ能力を必要とされる職種であるのも現実。

競争の中で高い年収をもらうのか、ある程度の安定とある程度の給料を求めるかは個人の自由という事で。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode