国立大学入試問題にも「格差」

国立大学の入試にも格差に関する出題が出たようですね。

文部科学省は、25日から始まった国公立大入試の2次試験(前期日程)について、同日の受験者数などをまとめた。
Click here to find out more!

 国立80大学348学部では受験対象者18万2336人のうち17万3776人が受験。欠席率は4・7%で、前年より0・1ポイント減少した。公立68大学142学部では、受験対象者4万6280人のうち4万2931人が受験し、欠席率は7・2%と前年を0・2ポイント下回った。

 25日に始まった国公立大入試の2次試験(前期日程)では、「格差」や産科医療の窮状など、最近の社会問題をテーマにした出題が目立った。

 「格差」を小論文で取り上げたのは奈良教育大。非正規雇用の増加を示す総務省のデータをもとに、「現在の日本社会の格差について、読み取れる重要なこと」を3点挙げさせた。
関連記事

入試問題にまで出題されるほど格差が注目されるようになったのですが、非正規社員、フリーター、ニートなど数年前までは、ただ真面目に働く気のない人がなるものだとされていた時代があるのを忘れてはいけません。

自己責任ではどうにもならない部分があり、社会システム、雇用システムに問題があると言われるようになったのもごく最近です。

とは言え「問題は問題として認識された時点で大方解決している」と言う人もいますから、教育機関に入試問題として取り上げられる位になったという事は、解決への道をかなり進んでいると言えるのかもしれませんね。


コメント
『人間は平等』
もちろん法律的に人間としては会社社長もニートも平等なのですが、
報酬、機会、社会的地位で平等が約束されていると勘違いしている人が多いですね。ニートやフリーターは『努力すれば必ず報われる』という嘘、悪平等教育にも原因はあるのかもしれません。
大学受験の段階で格差を意識させるのは非常にいいことだとも思います。
  • パットン
  • 2008/02/26 11:51 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode