製造業の人材不足

製造業の人材不足は深刻なようです。

埼玉県中小企業振興公社が十日までにまとめた人材の確保・育成に関するアンケート調査によると、約四割の企業が人材が不足しているとし、このうち約七割が不足している業種として、製造部門の技術職を挙げている。調査は一月十五日から二十五日まで、県内中小製造業二千社を対象に実施し、四百八十八社の回答(回答率24・4%)があった。

 人材不足の対応策は、「中途採用」を挙げた企業が73・6%で最も多い。「新卒採用」は30・6%。中小企業は育成に時間のかかる新卒者よりも即戦力となる人材を求めていることがうかがえるとしている。
関連記事

数年前から製造業の人材不足は指摘されていたのですが、改善するどころか他の人気企業が人材の囲い込みを強めている為、中小企業製造業の人材不足は深刻化するいっぽうのようです。

製造業では、技術の伝承も行っていかないといけないので新入社員が入社しないことには企業の存続を危ぶませることにもなっています。

フリーターなどを雇ってほしいのですが、経験の無い人を育てるだけの資金と時間もないとの事。

しかし、当サイトの内定報告を見てみると製造業やメーカー企業に就職が決まっている人は何人かいます。

現実問題、人材不足に困っているわけで即戦力がほしいと言ってもそうそう要望どうりの人が集まるわけではありません。

ですので、フリーターからでも中小企業製造業への就職は十分に可能性があると思います。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode