松下電器産業もジョブカード制度導入

興味のある方はお急ぎを。

企業現場での実践的な職業訓練によって、フリーターらの就職を後押しする「ジョブ・カード制度」の一環として、松下電器産業グループが職業訓練プログラムを実施する。14日から大阪府門真市内の2事業所で、計20人の募集を始めた。実施はキヤノンに続き2社目で、関西では初めて。

 募集するのはビデオ・音響機器組立工と電子部品検査工を10人ずつ。それぞれ松下電器の社内分社「パナソニックAVCネットワークス」と、グループ会社「パナソニックエレクトロニックデバイス」で訓練を受ける。

 訓練は4月14日〜7月末の予定。賃金は日給6650円で、月20日間働くと13万3000円になる。求人は大阪市や京都市など12のハローワークで。

 この制度は、フリーターや子育て後の女性など「職業能力形成の機会に恵まれなかった人」が対象。企業実習と座学を計3カ月〜2年間実施し、能力証明書を受け取る。
関連記事

キャノンがジョブカード制度を導入すると報じられてから2番目の導入に踏み切ったのが松下です。

ジョブカード制度をよく知らない人には、松下に就職できるの?と考えてしまうかもしれないのですが決してそうでは無いのは理解しておいてください。

あくまで職業訓練の場を松下が提供するという事であって、その成果がジョブカードにまとめられ就職活動をする際に役に立つ(?)というものです。

前回、キャノンが導入をした時にも書いたのですが、この制度の効果には疑問点が多いのも事実です。

ただ、松下やキャノンと言った信用の高い企業で訓練を受けたという事実は、普通に職業訓練を受けた場合に比べても就職活動の際に有利に働く可能性は高いと思います。

まだまだ、これからの制度ですし、知名度も高くないでしょうから参加するための競争倍率も低いのではないでしょうか。

フリーターからの就職で苦労している方や、ちょっとでも上記の技術に興味がある人は、参加してみてはいかがでしょうか。

追記
ちょっと調べてみたのですが、制度を導入した企業の正規採用も考えられてはいるようです。

ただ、どれ位の人が雇用されるのかは分かりません。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
今年から始まったジョブカード制度。出だしの反響はどうだったのでしょうか。 フリーターや子育てを終えた女性など、職探しに苦労している人たちへの国の就職支援制度です。企業などで職業訓練を受けてもらい、再就職に活用してもらおうというものです。 (中略)
  • 既卒、フリーター、ニート就職への道-井の中の蛙ブログ!
  • 2008/07/05 1:04 AM
香川県でジョブカード制度訓練生が誕生したそうです。 企業などで職業訓練を受けた人に、訓練の履歴や能力評価を記載した証明書を発行する国の「ジョブ・カード制度」で、カードを交付された県内の男女4人が3日、丸亀市のパソコン技能訓練所で初めて職業訓練を開始
  • 既卒、フリーター、ニート就職への道-井の中の蛙ブログ!
  • 2008/09/05 9:34 PM
若者の就業支援をするジョブカード制度に積極的に協力してくださっている企業名が公表されました。 日本商工会議所は9日、本年4月からスタートしたジョブ・カード制度を活用して人材の育成・確保を図ろうとする企業(417社)のうち、企業名等を公表してもよいと
  • 既卒、フリーター、ニート就職への道-井の中の蛙ブログ!
  • 2008/09/10 5:12 PM

categories

archives

recommend

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode