今年の新入社員はカーリング型?

フリーターやニートなどに関わらず、レッテルを張る事は、それ以外の要素を無視する事に繋がりやすいのであまり関心しないのですが、このレッテル貼りは例年行事になっているようです。

社会経済生産性本部(東京)は26日、今年の新入社員の特徴を表すキーワードを「カーリング型」と発表した。「売り手市場」の時期に入社し、会社への帰属意識は低めのため、会社側が働きやすい環境づくりに腐心する、というのが命名の理由という。

 氷上競技カーリングは2006年、トリノ冬季五輪で日本女子代表の活躍が注目を集めた。就職氷河期だった先輩世代と異なり、今年は「氷の上を滑走する石のごとくスムーズに就職できた」。入社後は「方向を見定めそっと背中を押す」ことなどが不可欠とする。

 育成も、カーリングの石と同様に「ブラシで氷をこするのをやめると、減速や停止をしかねない」。「磨きすぎると目標地点を越えてしまったり、はみ出したりしてしまう」こともあり、上司には微妙な“ブラシさばき”が求められそうだ。
関連記事

多分この新入社員の傾向は今年に限ったことではなく、売り手市場になってからのほとんどの新入社員の特徴とも言えるのだと思います。

3年以内に辞める新入社員も増えているので、新入社員に対しての気遣いはこれからもっと必要になってくるのかもしれませんね。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode