全正社員が元フリーター、デジタルハーツ

フリーターの特徴を上手く使ったビジネス。

「フリーターに怠け者はいない。活躍の場が与えられていないだけだ」――デジタルハーツ社長の宮澤栄一はこう言い切る。

 宮澤が率いるデジタルハーツは、設立からわずか7年で「デバッグ」の専業最大手に成長した注目企業。デバッグとは、IT企業や家庭用ゲームメーカーなどから依頼を受けて、家電製品やソフトウエアのバグを見つけ、不具合を修正する仕事だ。
関連記事

フリーターにゲーム好きが多い事を上手く使って、年商15億を稼いでいるのがデジタルハーツです。

プログラム上のバグを見つける仕事をしている企業だそうですが、「職歴一切問わない」採用にはフリーター200人が殺到し、100人を採用したとか。

今現在、正社員全員が元フリーターだそうです。

ただ採用ホームページを見てみると、今現在募集している雇用形態は、アルバイトだけのようです。

デジタルハーツ採用ページ

にしても、正社員全員が元フリーターでも、会社がきっちり回って行くという事にはフリーターの可能性を感じずにはいられませんね。

他の企業にも、もっと積極的にフリーターを採用してほしいものですね。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode