フリーターとニートが将来生活保護受給者に?

これは、えらいこっちゃ。
 

シンクタンクの総合研究開発機構(NIRA)は24日、バブル景気崩壊後の就職氷河期に急増したフリーターやニートが、このまま正社員になることができず、十分な年金が確保できないと、老後(65歳以上)に生活保護を受けることになり、累計で17兆7000億〜19兆3000億円の生活保護費の追加負担が発生するとの試算を公表した。

 試算によると、氷河期の就職難で生じた非正規雇用者と無職者は約120万人。このうち、主婦や厚生年金加入者を除く77万4000人が、老後に生活保護を受けることになると想定した。フリーターは親と同居したり、援助を受けていれば貧困状態にはならないが、親が死去した後に大きな問題が生じる。

関連記事

予想とは言え、この人数と額は凄いです。

でも、フリーターが多い就職氷河期(1993年〜2002)に就職活動をした人たちの最年長者は既に40歳手前まで来ているのですよね。

最近政府がフリーター対策を熱心に行っているのも、この様な背景があるからなのでしょう。

にしても、高齢化で医療費が増えて、財源に困っているのに、今度この就職氷河期世代が高齢になったら、医療費だけでなく生活保護費まで国が支援しないといけないとなると、もうどうしようもないのではないでしょうか。

40才を超え出すと、さすがに企業側も受け入れづらくなるでしょうから、30代の内になんとかしなければいけないのですが・・・。

高齢フリーターは中々減らないという実態もあるようなのですよね。

う〜ん、頑張ってくださいとしか言いようがないのが悲しい。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode