愛知県の人手不足

内定率1位は愛知、最下位は沖縄」にもあるように、愛知が就職したい人にとって良い環境である事は知っていたのですが、今では愛知県民だけでは足りないので、県外に人材を求める活動が行われているようです。

県就業促進課は、県外の高校生に県内企業への就職を促すため、13日から全国11道県の高校へ職員を訪問させた。好調な経済を反映し、県内の新規高卒者の有効求人倍率は先月末で3・30倍と人材確保が厳しく、県外に求人を呼び掛けなくてはならない状態だ。

 県職員が訪問するのは▽北海道▽岩手▽秋田▽鳥取▽島根▽徳島▽愛媛▽高知▽佐賀▽熊本▽沖縄で、求人倍率の低い地域を選んだ。13日から来月3日までに約70校を訪れ、愛知の経済や人手不足の状況などを説明し、就職を呼び掛ける。
関連記事

愛知県に行った事があるのですが、中心部は意外と賑やかなのですが、少し離れるとものすごく穏やかな良い環境が整ったところだったと記憶しています。

地方から出て就職を考えると、直ぐに関西や関東を考えがちですが、愛知県も候補に入れてみるとよいかもしれません。

名古屋城


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
先月の30日に発表されていた、4月の有効求人倍率をメモ、メモ。 厚生労働省が30日に発表した4月有効求人倍率(季節調整値)は0.93倍で、前月比0.02ポイント低下し、2005年3月(0.93倍)以来の低水準となった。ロイターがまとめた民間調査機関の
  • 既卒、フリーター、ニート就職への道-井の中の蛙ブログ!
  • 2008/06/10 8:38 AM

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode