働き方は人並みで十分

氷河期世代とはあきらかに違う新入社員達。
 

今春の新入社員のうち、「働き方は人並みで十分」と考えている人の割合が半数を超え、92年以来の高水準だったことが社会経済生産性本部などの意識調査でわかった。同本部は「売り手市場を背景に、スムーズに内定に至った『カーリング型』の新入社員が多く、お気楽志向が強まっている」と分析している。

関連記事

ガツガツした感じはまったくなく、なんともお気楽な雰囲気。

っといっても、世の中そんなに甘くないわけで、入社してから人並みを維持するのも、なかなか苦労するのだと気付く人がたくさんいるのでしょうね。

追記
この世代の人たちは、バブル世代の人たちと気が合うかもしれないですね。

そうすると、氷河期世代は奇異な存在となって行くのでしょうか。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode