新フリーター対策

新しいフリーター対策をメモメモ。

厚生労働省は21日、雇用対策として年長フリーターらを新たに正社員として雇う企業に対し、1人あたり50万〜100万円程度の助成金を出す制度を作る方針を固めた。3年程度の時限措置とする。与党も同様の方針を固めており、政府が今月中にまとめる追加経済対策に、若者の雇用対策の目玉として盛り込む考えだ。

 厚労省案では、25〜39歳の年長フリーターや派遣などの非正規労働者を新たに正社員として採用し、1年以上雇った場合に、大企業には50万円程度、中小企業には100万円程度を支給する。対象は3年間で10万人以上を想定している。財源は雇用保険料などからなる労働保険特別会計でまかない、一般会計には影響が出ない。
関連記事

フリーターの人数に関するサイト内記事

フリーターを181万人から170万人へ

フリーター減少181万人に。


フリーターが減っている!?


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode