またまた景気の悪い話。

今日は、時間がないので記事の紹介だけ。
 

景気後退が加速するなか、大学生や高校生の就職が急速に厳しさを増している。首都圏の大学では来春卒業予定の学生が内定を取り消されるケースが夏以降相次ぎ、高校からも「求人票が激減した」などの声が上がる。ここ数年の好調から一転、「就職氷河期」再来に学生らは危機感を強めている。

関連記事

最近、明るい記事を紹介できないのが残念です。

ちょっと前は、正社員化が進んだり、日雇い派遣の禁止が検討されたりもしていたのに、どこへいったのだろうか?



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode