景気悪化で正社員も雇用調整

ついに正社員まで・・・。

世界的な景気悪化に伴う雇用調整の波が、正社員にも及び始めた。人員削減はこれまで、販売不振に悩む自動車産業などの派遣社員や期間従業員が中心だったが、正社員の希望退職に踏み切る上場企業が増えている。

 「業績が低く改善が見られない社員は、社外でキャリアを求めることを含め、将来について真剣にご検討いただきたい」
関連記事

派遣社員は、期間労働者ですから雇用調整に利用される事が多いのですが、最近では正社員にも雇用調整の触手が伸び始めているようです。

まだ今の段階では、希望退職者を募るという段階のようで、そこまで深刻性は感じられないのですが、確実に景気悪化の影響は広がってきています。

ただ、「10年卒、新卒採用6割強が前年並み」にあるように、採用を積極的に行う企業もまだまだあります。

企業が採用する人を慎重に選び始めたように、就職活動をする側も慎重に企業を選ばないといけない時期にあるのかもしれません。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode