非正規労働者3万人が失業

非正規労働者3万人が失業するそうです。

契約を打ち切られるなどして2009年3月末までに職を失う非正規労働者が約3万人に達する見込みであることが、厚生労働省が28日に発表した調査結果で明らかになった。

 世界的な景気低迷による業績不振にあえぐ国内企業が、相次いで大幅な人員削減の必要に迫られているためで、10月から来年3月末までに非正規労働者3万 67人が契約を打ち切られる見通しだ。一方、正社員で人員削減対象となる人数は2028人で、非正規労働者が雇用調整弁として不況時に真っ先に解雇される実態が浮かび上がった。

 トヨタ自動車(Toyota Motors)の地元、愛知県では期間従業員ら4104人が職を失うとみられる。

 2007年の調査によると、日本の労働者の36%を非正規労働者が占めている。
関連記事

本来、派遣社員など非正規社員は雇用の調整弁として利用されるのが普通なので、文句を言うこともできないのですが、問題はなりたくて非正規になった訳ではない人がたくさんいることですよね。

派遣より正社員なりたい。男性7割、女性5割」によると約6割の派遣社員が正社員になりたいと考えているようで、この人たち全てが派遣などの収入だけで生活しているとしたなら、失業の影響は計り知れないでしょう。

景気刺激策としての給付金が以前話題になっていたのですが、そろそろ弱者支援策としての給付金が必要なのではないでしょうか。

追記
ちなみに労働者人口は6400万人、非正規社員は1780万人程いるそうです。

なんだ1780万人の内の3万人かと思うかもしれないのですが、短期間にこれだけの人数が失業して、かつ、次の職を見つけるのが相当難しいのだとしたらやはり深刻な問題なのですよね。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode