来春卒業予定の高校生内定率は66,8パーセント(10月末時点)

高校生の就職内定率も減少しているようです。

来春卒業予定の高校生の就職内定率(10月末現在)は前年同期比0・6ポイント減の66・8%で、6年ぶりに減少したことが16日、文部科学省の調査で分かった。
Click here to find out more!

 景気悪化の影響が、高校生の就職にも及んでいることが裏付けられた形だ。

 男女別では、男子が71・8%で前年同期比0・4ポイント減、女子が60・3%で同0・7ポイント減。都道府県別では、愛知県が85・5%で最も高く、岐阜県(83・9%)、三重県(83・4%)などが続いた。最も低かったのは沖縄県で25・6%。次いで、北海道、宮城県、高知県の順となっており、東北や九州では平均を下回る県が大半だった。
関連記事

当ブログの去年の記事「10月末時点の高校生の内定率」では5年連続の内定率上昇を紹介したのですが、今年は一転内定率が減少してしまいました。

ただ、これらのデータはあくまでマクロ(全体)の統計データであって個々の企業や個々の人の資質によってはあまり関係のないものである可能性があります。

どんな時でも、「もう駄目だ」と諦める人と「より頑張らねば」と奮起する人では結果は大きく変わってくるのだと思います。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode