トヨタが世界首位へ

トヨタが新車販売台数で世界1位になったそうです。

米ゼネラル・モーターズ(GM)は21日、2008年通年の全世界の新車販売台数が前年比10.8%減の835万台だったと発表した。08年に897万2000台を販売したトヨタ自動車の世界首位が確定、GMは77年ぶりに2位に陥落する。
 経営再建中のGMは北米で21%、欧州で7%それぞれ販売が減少した。一方、トヨタも市場低迷を背景に4%減少したが、総販売ではGMを62万台上回った。トヨタは創業から70年強で世界首位の座を手に入れたが、09年3月期に戦後初の営業赤字を見込むなど苦境下にある。
関連記事

金融危機の影響でトヨタ自身も赤字に陥いっているとはいえ、素直にこれは賞賛したいです。

創業から70年かけての首位獲得なのですから本当に半端ないことなのですよね。

景気が上向いてくれば、その凄さを実感することができるでしょうから早く回復してほしいものです。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode