NPOコトバノアトリエ様よりお知らせです。

巨椋修氏×雨宮処凛氏 miniトークライブも実施!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・日時 7月14日18時〜21時(&二次会)
 ・場所 ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区)
 ・主催 ニート・不登校・ひきこもり NEXT VISION FORUM

 << 映画『不登校の真実』上映会のお知らせ >>
    http://next-forum.dreamblog.jp/15/16

                   申込締切 7月13日(木)22時00分
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ◆イベント概要

 名称: 映画 『不登校の真実』上映会
    サンプル映像あり
    → http://www.geocities.jp/office_piko/daizyoubu/eizou.htm
 日時: 平成18年7月14日(金) 午後6時開場、6時半上映開始(約73分)
 場所: ちよだプラットホームスクエア 5F会議室
    (東京都千代田区神田錦町3−21)
    http://yamori.jp/modules/tinyd5/

 定員: 40名(定員になり次第締め切らせていただきます)
 参加費: 1,800円(1ドリンク+軽食付き)

 上映後、監督の巨椋修さんと雨宮処凛さんによるminiトークライブも実施
 <その後、二次会へ(二次会のみの参加も可)>
 *二次会参加費=3,000円


 ◆映画『不登校の真実』紹介

 (映画『不登校の真実』上映委員会WebSiteより抜粋
 → http://www.max.hi-ho.ne.jp/oguosa/futoukou/)


 ○テーマ

 この作品は、現在13万人を越える不登校児を取り巻くドラマと、その周辺
 にスポットをあて、不登校とその周辺をテーマにしたビデオ映画です。


 ○原作

 『不登校の真実』巨椋修(おぐらおさむ)著 きんのくわがた社刊


 ○企画意図

 この作品では、不登校児の心理、親や教師の立場と心理などを描くことに
 よって不登校に悩む当人や親、教師の方々に一つのヒントや励ましになり
 、地域の理解や協力を得ることができるようになればと思い企画いたしま
 した。また、出演やスタッフに、不登校経験者が参加協力をしています。
 
 現在、不登校問題の解決とは「学校へ復帰することである」という考え方
 が主となっています。そのため、学校へ復帰さえすればいい。学校へ復帰
 することのみが、不登校問題の解決であるという思いが、多くの人々にあ
 るのは否めません。

 しかしわたしたちは学校へ復帰することだけが、問題の解決ではなく、学
 校へ復帰することもの一つの方法だし、学校へいかなくても方法はいろい
 ろと多くあることをしって欲しい。と考えており、そういった思いがこの
 作品のコンセプトとなっています。


 ○巨椋修プロフィール

 小説家・漫画家・映画監督。1982年「デラックスマーガレット」(集英社)
 で漫画家デビュー。1996年、小説「実戦! ケンカ空手家烈伝」(福昌堂
 刊)にて小説デビュー。同年、総合格闘技・陽明門護身拳法道場を発足。
 2003年、映画「不登校の真実」監督。2004年、富山大学非常勤講師。著作
 には、『不登校の真実』(きんのくわがた社)『新版 丹下左膳』(コア
 ラブッスク、リイド社)『お父さん、お母さん、肩の力を抜きませんか』
 (コアラブックス刊)等多数。 日本映画監督新人協会役員

  ・映画『不登校の真実』制作委員会
  http://www.max.hi-ho.ne.jp/oguosa/futoukou/

  ・不登校・ひきこもり・ニートを考えるブログ
  http://plaza.rakuten.co.jp/ogura/


 ◆雨宮処凛プロフィール

 1975年北海道生まれ。ゴスロリ作家。元パンク歌手&元政治活動家。アト
 ピーが原因で受けたイジメを発端に、不登校、家出、リストカット、自殺
 未遂などを繰り返す。その壮絶な半生を描いた『生き地獄天国』(太田出
 版)は大きな反響を呼び、以後『自殺のコスト』(太田出版)、『暴力恋愛』
 (講談社)、『EXIT』(新潮社)など数多くの話題作を生み出している。
 ドキュメント映画『新しい神様』(監督・土屋豊)にも出演。

  ・雨宮処凛公式ホームページ
  http://www3.tokai.or.jp/amamiya/

  ・すごい生き方 ブログ
  http://www.sanctuarybooks.jp/sugoi/blog/


 ◆申込・問い合わせ
  ------------------------------------------------------------
  ○申し込み先:http://next-forum.dreamblog.jp/5/15
  ※申込み締切り:7月13日(木)22時まで

  ○問い合わせ先:nextvision@kotolier.org
  ※お名前、メールアドレス、問い合わせ内容を明記してください


いよいよブラジル戦。

いよいよ明日、っというか4時間後にブラジル戦が迫ってきました。

勝敗や、点数なども重要だとは思うのですが、「よく日本はやった!」と言わせてくれるような試合であれば良いなと思います。

そのためにも、諦めない事、集中を切らさない事、気持ちで負けない事などメンタル面での強さが必要になってくると思います。

考えてみれば、期待されていた中村俊介は、フィジカルで劣っていた為に活躍できていない様に見えていたのですが、実際はフィジカルよりもメンタルの面で負けてしまっていたのではないでしょうか。

もうこの試合が最後になってしまうかもしれないので、ぜひ中村俊介にも「負けるか!」という気持ちの伝わるようなプレーを見せて欲しいですね。


話は変わるのですが、今日も内定報告をいただきました。

イングランド(?)のルーニーさん投稿ありがとうございます。

今回の内定報告は、既卒からの就職活動をする方にとってかなり参考になると思いますよ。

ぜひ、一度目を通してみてください。

皆さんからの内定報告

では、朝4時というかなり眠い時間のキックオフですが、みんなで応援して気持ちで決勝トーナメントに連れて行きましょう。



実戦に勝るものはなし。

何を書こうか迷っていると、昨日の記事に珍しくコメントがあるのに気づきました。

コメントには

面接対策を無料で行ってくれる所、特に総務・人事・法務のいずれかに沿って面接を行ってくれる機関はございますでしょうか?

また、面接対策・筆記対策等の対処策等ございましたら本でも構いませんので良い知恵をいただけませんでしょうか?


とありました。

私自身、就職に関してのプロでもなんでもないので、就職に関する機関や本には詳しくないのですが、コメントを頂いた方には「実戦で身につけるといい」とアドバイスしておきます。

はっきり言って、実際の面接以上に勉強になるものは無いです。

それに、メインサイトにも書いたと思うのですが、実際の採用選考を練習に使ってはいけないなんて誰も言ってないのですからね。

はじめから上手くできる人なんていないのですから、はじめの内は練習と割り切って、選考での注意点、質問の内容、好印象を与える方法などを勉強する位のつもりで参加すればいいと思います。

そして、それらの事を繰り返すうちに、基本的な動作や喋り方などが身についてきますし、もっと自信がついたら自分なりのアピールが出来る様になってくると思いますよ。

本などを参考にするのもいいとは思いますが、面接に関しては立ち読み程度で十分だと思います。

それよりも、自分の経験を教訓として、次の選考に活かせるかどうかの方が百倍重要だと思います。

これらの事は、面接だけでなく、ほかの事でも言えると思います。

ぜひ、マニュアルに頼るのではなく、自分で経験し考え、それを踏まえて行動できるようになって欲しいです。

こちらの記事でも同じような事を書いているので見てみてください。

就職活動を踊っているか?

追記
私は、機関や本に関して詳しくないので知らないのですが、もしこのブログを見ている方で参考になるような本や機関をご存知の方はコメントに残してもらえればと思います。



ワールドカップ、日本対ブラジルへ

ワールドカップおもしろいですね〜。

日本は、クロアチアに勝つ事は出来なかったのですが、ブラジル戦に望みをつないだのでまた今度の試合も楽しめそうです。

そして、なんといっても先日行われた、アルゼンチン対セルビア・モンテネグロ戦です。

6対0って「野球ですか?」と言いたくなるような物凄い試合でした。

アルゼンチンは個人の能力もさることながら、組織としても上手く機能していて敵なしなんじゃないでしょうかね。

日本は、前回のワールドカップではトルシエ監督の下、組織重視、そして今回はジーコ監督の元で個人重視の戦略をとっているようです。

と言う事は、次のワールドカップでは、個人と組織のバランスを考えた監督が就任すればかなり強くなるのではないでしょうかね。

日本は、まだまだブラジルの様に個人で勝負できるだけのタレントは揃っていないので、やはり組織として強さが必要だと思うのですよね。

それが今回は、個人重視にしたためか少し組織としてのまとまりにかける部分があるような気がしないでもないです。

まだ、今回のワールドカップも終わったわけではないのですが、次のワールドカップにおいての日本代表が楽しみですね。

そして、次の監督も気になる所。

っと、その前にブラジル戦。

最低でも2点差で勝たないといけないとの事ですが、諦める事はないと思います。

だってこちらには、ジーコがいるのですから。(笑)

変な意味はないのですが、やっぱりブラジルに精通している監督がいるのは有利に働く部分はあると思います。

また、ブラジルは決勝トーナメントのことを考えて、主力選手を外してくる可能性も無いとは言えないですしね。

厳しいですが、諦めずに頑張ってほしいですね。

日本頑張れ!!!!!!



ワールドカップでも強豪はやっぱり強豪。

下馬評どおり、強豪チームはきっちり勝っていますね。

日本が負けたのは残念ではあったのですが、まだまだチャンスはありますし、それ以外にも他国の試合もこれからが楽しくなってくるのでワールドカップ熱はこれからも冷めそうにないですね。

明日は、ついにブラジルが出てきます。

日本が予選突破するためにも、きっちりブラジルに勝ってもらわないといけないので、本当お願いします。

では、最近ワールドカップネタばかりですが、今日もこれで終わります。

では、また明日。。。



冷房の平均温度、関東25度、関西28度。

暑さで早くもバテ気味の管理人です。

最近は、ブログの更新どころか情報収集もうんざりするくらいですから重症かもしれませんね。(笑)

皆さんも、本格的に夏が来る前に就職活動を終えることができる様に頑張ってくださいね。(秋を待つというのもあり?)


ところで、就職とはまったく関係ないのですが、関東は冷房の平均温度が25度なのに対して、関西は平均28度なのだそうです。

関連記事

このアンケートを行った三菱電機によると、「関西の主婦は我慢強く、省エネ意識が高いのではないか」との事。

この三菱電機の人はかなり高評価をしてくれているのですが、実際は関西人はただ変に負けず嫌いなだけだと思うのですよね。(笑)

気温が高くても、低くてもなぜか耐えるということを美徳とする習慣が関西圏にはあるような気がしないでもないのですが。

夏は暑いとしたものだ、とか、冬は寒くて当然とか・・・。

それに比べて、関東の人は暑ければきっちり冷房で涼しくして、寒ければ暖房で暖かくして、スマートに生きているといったイメージです。

まぁ、でも、関西人の負けずぎらいな所がちょっとでも環境の為になっているならいい事ですよね。(うん、いい事だ(笑))

追記
明日からいよいよワールドカップが始まりますね。
当分、当ブログの内容も就職とは関係のないものが混じっているとは思いますがよろしくおねがいします。



既卒、フリーターから就職への道1周年記念

先月の4月に私は既卒1周年を迎えたのですが、今日は「既卒、フリーターから就職への道」が1周年を迎えました。

サイト運営をはじめた頃は、しょぼしょぼのサイトだったのですが、皆さんの訪れてくれたアクセス数や無駄に多いブログの記事のおかげ?もあってちょっとは見れるサイトになったのではないでしょうか。(笑)

このサイトの目標であった、既卒者の情報交換の場としても、当初は掲示板に誰も書き込みをする事がなかったのですが、1周年を迎える今ではかなりの人が利用してくれているようで嬉しいですね。

とにもかくにも、皆さんが利用してくれているのでここまでやってこれたと思っております。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。


では、これからのサイト運営なのですが、とりあえずいつも通りブログ更新はしていくと思うのですが、メインのサイトの情報量がいまいち伸び悩んでいるのでそちらの更新も力をいれていこうかと思います。

メインのサイトでは、「内定報告」や「資格取得体験記」など皆さんの投稿で成り立っているコーナーもありますのでご協力のほどよろしくお願いします。

そして、昨日も書いたのですが「新卒採用主義」の問題点にもっと注目してもらえるようにもしていきたいですね。

やっぱり既卒者であることが、就職活動で不利になる今の人材採用はどう考えてもおかしいですよね。

このサイトを、作るきっかけに私自身が既卒になって、困ったり悩んだりしていたという事があるのですが、その根底には「そもそもなぜ既卒になると就職活動で不利になって困ったり、悩んだりしないといけないのか?」「新卒採用主義は古い制度で今の時代にはあわないのではないか?」など今の人材採用のあり方に疑問といらだちを覚えていたのだと思います。

この事に関しては、皆さんも同じように疑問や苛立ちをもたれているのではないでしょうか?

それをいつの間にか、仕方がないという風に考えるようになっていないでしょうか?

っと、この事について書き出すとまた長くなるのでこれ以上書くのはやめておきますね。

とにかく、この新卒採用主義に関してもサイトの重要なテーマの一つとして運営をしていこうと思います。

それでは、今日は個人的な事ばかりでしたが以上です。

では、また明日。。。



既卒、フリーターから就職への道念願の・・・

祝!100000アクセス!!!!!!!!

やっと念願の100000アクセスを達成しました。

アクセスカウンターも一桁増えてちょっとだけ貫禄がでてきたような気がしませんか?

見た目だけでなく、これからも皆さんに役立つ情報を提供できるように頑張りますので当サイトをよろしくお願いいたします。



明日は、いよいよ4月です。

今日で3月も終わりです。

なんだかんだ言いながら、既卒一周年を迎える事となりました。

皆さんもそれぞれ、既卒になってからの年数を一つ重ねる事となるのかもしれないですね。

4月からは、進級したという新たな気持ちで頑張るとしますか。



さて、安部官房長官が「安部思案」なるものを示したそうです。

関連記事

その内容は、

「倒産やリストラで職を失った人の再起業や再就職をはじめ、ニート・フリーターの若者や定年が近づく「団塊の世代」の再挑戦も後押しする」

というものだそうです。

これだけだといまいち何をするのかよく分からないのですが、ポスト小泉最有力の阿部さんが言うのですから期待できそうですよね。

小泉さんの時代には、格差が広がったといわれています。

次の総理はこの広がった格差をどうするのか?、が大きな課題となるのかもしれないですね。


話は変わるのですが、既卒から内定を取り明日から仕事を始める人がいます。

その人には、ぜひ頑張ってもらいたいですよね。

そして、今現在就職活動中の人も4月からも頑張ってください。

4月からは、新卒採用がいよいよ本格化し内定ラッシュが出る時期でもあります。

ぜひ、既卒の方も負けずに内定をゲットしてくださいね。

それでは、4月も頑張りましょう!



春眠暁を覚えず?

最近少し暖かくなってきたからなのか、眠くて眠くてたまりません。

自分のやろうとしていることの、半分も出来ずに一日が過ぎていっている状態です。

皆さんは、どうでしょうか?

順調に前に進んでいるでしょうか?

まぁ、「慌ててもろくな事は無い」といいますからのんびりいきましょうか。


では、今日も何か書こうと思ったのですが、今日は休みにします。

最近掲示板が盛り上がってきましたので、皆さんもどんどん利用してくださいね。

既卒、フリーター、ニートの集まる掲示板


追記
某ブログで紹介されていた、「竜馬がゆく」という本を読んでいます。

この本、司馬遼太郎が書いていて有名な本らしいのですが、私はまったく知りませんでした。


で、半分衝動買い(いつもながら・・・)で購入したのですが、これがおもしろいです。

古い言葉を使っているので少し読みにくい部分もあるのですが、人間の内面が巧妙に描かれていて読んでいてあきません。

今のマンガで言う「バガボンド」的な要素もあります。

もし、「バガボンド」にはまっていて、古語に抵抗のない方がいましたらぜひ、読んでみてください。

この本はほんとオススメです。
 

竜馬がゆく〈1〉
竜馬がゆく〈1〉
posted with amazlet on 06.03.08
司馬 遼太郎
文藝春秋 (1998/09)
売り上げランキング: 1,196
おすすめ度の平均: 4.78
5 もっと若いときに読みたかった。
5 ひとの生き様
5 司馬文学を読んでみようかなと思ったら

 




categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode