軽い気持ちで動き出せばいい

就職活動の始め方の文章で唯一赤文字にしたところがあります。

それは、「とりあえず応募する」という所です。

なぜ、この部分を赤文字にしたかというと、就職活動になかなか踏み込めない人に、とりあえずという軽い気持ちでいいので就職活動を始めてもらいたいと思ったからです。

就職活動は就職するための手段でしかないと考えがちですが、始めてみるとそれらの経験を通して自分が成長している事に気づくと思います。

就職活動をしているとビジネスマナーが身に付くだけでなく、大人としての自覚が生まれて来ます。

この大人としての自覚というのは、フリーターや家にいることでは絶対に身につかないと思います。

この他にも就職活動を通して経験し成長できたと思えることはたくさんあったように思います。

それらの経験を通して、就職するのもありかなと思えたら儲けモノですよね。

それらを通してやっぱり就職は無理だなと思えたら別の方法を考える事もできます。

何もしないでいれば、何も知らないまま、そのままの生活が永遠続くわけです。

どんな事でも、やってみるまでどうなるかは分かりません。

ですので、始める前にとやかく考えるのではなくまず始めてみてください。

就職活動の始め方でも書いたように、一社目で内定をもらえる人なんてまずいないです。

冷やかしでも、面接ってどんなものかなぁ〜程度ではじめてもいいのです。

それをダメだという人なんてどこにもいない訳ですし。


まず経験をしてから自分の中で答えを出したらいいと思いますよ。


続ける事を目標に

目標をたてる時には結果を目標としがちです。

そして、なかなか結果が達成できないとダメだ〜とすぐに諦めてしまいます。

それならば、結果を目標とする前に、結果を出すための努力をし続けることをまず第一の目標とすればいいのではないでしょうか?

それならば、結果が出なくても目標は続ける事なので、毎日目標を達成している事になります。

そういった小さな目標を達成していくと、いつのまにか大きな目標に近づいていくと思います。


続けると言う事は実は世の中で一番難しいことだと思います。

それなのに、目標を立てる時には続けた後の結果を目標としがちです。

簡単に結果が出るような事であればこのようにいきなり結果を目標とする事はいい事かもしれません。

しかし、就職活動やその他の時間がかかったり結果が出るのが難しいことを達成するにはこの様なやり方ではダメだと思います。

いきなり富士山の頂上を目標とするよりも、一合目、二合目と小さな目標を立てていった方が小さな達成感も得る事ができるので頂上まで努力を続けられる可能性は高くなると思います。

就職活動が長期になると自分はダメだな〜と思いがちですが、ある意味長い間続けられている自分は凄いとも言えると思います。

その続けている自分を褒めながらちょっとずつ進んでいけばいいのではないでしょうか?


長所の見つけ方。

面接などで必ずと言っていい程聞かれるのが長所です。

でも、考えてみてもこれといった長所が見つからない場合が多いです。

頭の中でいくら長所、長所と唱えてみても、一般的な言葉ばかりが浮かんできます。

できれば自分オリジナルな長所が欲しいもの。

では、自分オリジナルな長所を見つけるにはどうすればいいのでしょうか?

言葉から考えると自分で「ほんとかよ!」と突っ込んでしまうので、過去のエピソードから長所を見つけるといいと思います。

皆さんも学生の頃には何かしらの事に励んだと思います。

そのちょっとしたエピソードを振り返って、そこで自分がどういう行動を取っていたか考えると、以外と簡単に長所って見つかると思います。

修学旅行でも、部活でも、趣味でも、普段の生活の中でのエピソードでもなんでもいいと思います。

それらの事は皆とそんなに変わらない事でも、あなたの取った行動はあなた独特のモノであるはずです。

その行動から長所として上げられるものを見つけて、言葉にすれば聞き手からすれば十分にオリジナルなものに聞こえるはずです。

多くの人が特別な経験から長所を見つけようとします。

しかし、以外と特別な事を経験している人って少ないです。

それならば日常的な事から、自分のとった行動を振りかえってその中から長所を見つければいいのです。

企業に属してからも特別な事が続くわけではありません。

むしろ、毎日同じような日常的な作業が続くわけです。

そのなかで、皆さんがどういった行動を取れるかを聞きたいわけです。

そう考えると、日常的なエピソードから長所を上げる事は、自分の普段の行動指針を伝えると言う事になるので面接官の聞きたいことにあっていると思います。

特別な経験から長所を上げるのはある意味その時だけの長所だと思います。

しかし、日常的なことから長所を見つけると普段自分がとれる行動である場合が多いと思います。

それらの事は面接のために用意した長所ではなくて、仕事を始めてからも活きてくる長所なのではないでしょうか。


内定がもらえない時にするべき事(2)

今までの就職活動を振り返って戦略を練る。

戦略というとちょっと大げさに聞こえるのですけど、これは結構重要だと思います。

書類審査で落ちたのか?

面接で落ちたのか?

それは、1次面接なのか?最終面接なのか?

自分の失敗要因を分析すると色々工夫できる所や直す事ができる所などが見えてくるのではないでしょうか?

しかし、こういった事をばからしいと思って行っていない人は以外と多いと思います。

就職活動をしている人の中には、そんなことをしなくても直ぐに内定を貰っている人がいるからだと思います。

しかし、内定がなかなかもらえない人はこういった努力が絶対に必要だと思います。

うまくいく人はいくらやってもうまくいきます。

しかし、うまくいかない人は工夫や努力をしないと絶対にうまくはいきません。

その事は皆さんもこれまでの経験から分かっていると思います。

今までの就職活動を振り返って戦略を練るといってもちょっと時間を取ってどこに原因があったのかを考えて今後どうしていくかを決めればいいだけです。

ちょっとした事ですが、その効果は直ぐにでも出てくると思いますよ。


内定がもらえないときにするべき事。

今日になって気がついたのですが、昨日のブログ記事で100枚目だったようです。

毎日、毎日苦労しながらブログを続けてきたのですが、100枚もたまっていたとは・・・なかなかやるな自分。(笑)


ところで、皆さんの中にもそろそろ内定を貰っている人が出てきているようで嬉しい事ではあるのですが、貰えていない身としてはなかなか焦るものです。

内定がなかなかでないと、泥沼にはまっているような気がしますよね。

私が新卒の頃に、内定が貰えないといっていた人が、一度就職活動をやめてちょっとしてから再開したら、いきなり内定がもらえたと言う事を聞いたことがあります。

これって一理あると思いませんか?

どんなことでも、はじめの内は積極的に取り組んでいるのですが、それが長期になってくるとダレてきて、なんとなくやっていると言う事があると思います。

それならば一度休憩を取ってリフレッシュした方が次に再開する時の活力に繋がるのではないでしょうか?

私達は既卒で時間が有り余っているから休憩なんて十分取れている、と思うかもしれないですが、休憩って意識して取らないと休憩になっていない場合があると思います。

時間はあっても脳裏で、内定が貰えない〜どうすればいいのだ〜なんて考えていては全然気が休まらないですよね。

でも、今日から一週間は就職活動のことは考えないと割り切ってしまえば、かなりリフレッシュできるのではないでしょうか?

皆さんの中にもいまいち就職活動がうまくいってないと思っている方がいましたら一度休憩を取ってみてはいかがでしょう?

再開した時には新たな気持ちで就職活動に望めてあっさり内定がもらえるかもしれませんよ。



履歴書の文章について

ブログの文章は書き終わった直後は、いい物が出来たと思うことが多いです。

でも、後で見直してみると、何が言いたかったんだろう?と思うことも多々あります。

これは、履歴書作成などでも同じ事がいえるかもしれませんね。

文章を直に履歴書に書くのではなく、別の用紙に文章を一度書いておいて、ちょっと文章を寝かせてから見直して履歴書に書き込むようにした方がいいのかもしれないですね。

しかし、ブログは毎日書かないといけないので、こんな悠長なことはしていられないのですが・・・



やり方のうまい人、下手な人

どんな事をするにしても、やり方のうまい人と、下手な人がいると思います。

私の個人的な意見ですがやり方の上手な人の多くは、普通の人より色々なところで頭を使っている人だと思います。

ちょっと例えとしてはしょぼいのですけど、学生の頃の話をします。

私は学生の頃よく友達と服を買いに行っていました。

買い物に行き始めた当初は、私は友人を服のセンスの無い奴だなぁと思っていました。

しかし、数回その友人と買い物をするうちにその友人の服のセンスが異常に良くなっていくのが分かりました。

で、話を聞いてみると、その友人は私と服を買いに行くようになってから服の雑誌をよく見るようになってその雑誌のマネをしているとの事。

その事を知るまで、服のセンスというのは勉強とかで身につくものではないと思っていたのですが、服のセンスすらも雑誌などで知識をつけることにより磨く事ができると知りました。

そして、その友人は予想以上に服に興味を持ち出し、今ではかなりのイケメンとなっています。(笑)

そのイケメンを以前の状態を知らない人達は、ああいう人はああいう育ち方をしてきた人なんだなんて諦めの考えと共に羨ましいと思うのだと思います。

しかし、センスなんて格好のいい言葉を使いますが、それすらも知識と練習の繰り返しの賜物なのだと思います。

絵のうまい人を見て、あんなにうまくはなれないなぁとよく思いますよね。

しかし、私達はそれ以前に絵を勉強しようとした事も、努力して練習した事もありませんよね。

多分絵のうまい人は、小さい頃から勉強し練習してきた人達なのだと思います。

ピカソなどの類まれな才能の持ち主には私達は絶対になれないと思いますが、ちょっと勉強すればすごいと思われる程度の絵描きには誰でもなれると思います。


つまり、やり方のうまい人と、やり方の下手な人との差は、そのやろうとしていることに対して、どれだけ勉強をしているのか?どれだけ練習をしているのか?だと思います。

そして、うまい人になりたいのであれば、まず初めにマネをすることから始めればいいと思います。

マネなんて卑怯だなんて思うかもしれないのですが、今まで学生の頃に習ってきた事って全て先人の人達の知識のマネではないですか?

そう考えると、私達が成長するにはマネからしか始められない訳なのです。

はじめから先人が思考に思考を繰り返してきて考え付きもしなかったことを思いつく人なんていないですよね。


で、これを就職活動に当てはめると、就職活動のうまい人からそのやり方を盗めばいいと思いませんか?

就職活動に関する本なんて山ほど出ていますよね。

ここでも就職活動を本の中のテクニックで乗り切ることを嫌だと思う人がいるかもしれません。

しかし、そういったテクニックに頼らなくてもいい程の学歴や自慢できる才能を持っている人はそんなにいないと思います。

それならば、テクニックをマネする事から始めて、それを私の友人がそうであったように、あたかも初めからそういう人であったと思われるようにしていかないといけないのではないでしょうか?

「ありのままでいい」なんていう、きれいごとの多くは、以前に努力をしていてすでにテクニックを身に付けている人が言う言葉です。

しかし、私達はそういった人ではないのですから、泥臭い努力が必要なのだと思います。

この努力を始めた人は、物凄い勢いでよい方向に向いていくのではないかと思います。

落とされる人は、勉強や努力をしない限り何度やっても落とされます。本当に運よく拾ってもらえる事があるかもしれませんが。

しかし、そんな運だのみではなく、自分を勉強や努力で変えてしまえば「受かる人はいくらでも受かる。」を実感できるかもしれませんよ。

ここまで読んでいただいて、反感を覚えた人もいるかもしれません。

しかし、逆になるほどと思った人もいるかもしれません。

反感を覚えた人は今までどうり就職活動を続けてください。

しかし、なるほどと思った人はちょっとテクニックを身に付ける努力をしてみてはいかがでしょう?

人間はちょっとした事で「あいつは変わったなぁ〜」と思われるものです。

それらの方法を先人達が残してくれているのですから、利用しない手は無いですよね。

しかし、これらの事は皆さんの自己責任で行ってくださいね。

それでは、また明日。


就職活動の進め方!

今日は就職活動の進め方というコーナーを追加しました。

本当に疲れました〜

ぜひ、一度見てくださいね。

今日は疲れたのでブログはこれで終わりにさせてもらいますね。

では、では。。。



就職活動とアルバイトを両立するには?

就職活動をされている方の多くが、バイトをするか、しないかに悩んでいるようです。

バイトを一度始めると、シフトを組まれて、その日は面接などを入れにくいからでしょう。

それに、バイトが楽しくなってしまって、このままでもいいかなぁと思ってしまう人もたくさんいるので、安易にバイトを始めるのもどうかと思ってしまいます。

しかし、現実問題、お金がないと就職活動のための資金がなくなってしまうのでバイトをやらざるをえないのも事実です。

バイトでも、なんでもそうなのですが、一度その中で人間関係を築いてしまうと抜け出しにくくなる事ってありますよね。

周りの人の習慣に自分の習慣が似てくるからと言う事もあると思います。

それに、バイトは楽なのに、就職活動はしんどいからということでやめてしまうのかもしれません。

こう考えてみると、バイトでは、あまり人間関係を構築しない事が一番就職活動には良いバイトの仕方と言えるのかもしれません。

バイトの中に安住の地を築いてしまっては、それで満足してしまう可能性があると思います。

よく、バイトをしていれば、人間関係の勉強になるので、そういった事を仕事を始めてからでも活かす事が出来ると言ってる人がいます。

しかし、この考え方は就職活動中の人にとっては、プラスになる事があると同時にマイナスの要素も含んでいると思います。

確かに勉強にはなるのですが、就職活動中に人間関係を築いてしまうと泥沼の様に抜け出せなくなる可能性があるんじゃないでしょうか?

それでは、どうすればいいのでしょうか?

就職活動をしながら、バイトをする方法で一番いいのは、やはり、短期バイトなのではないでしょうか?

短期であれば、人間関係を築いてしまうこともない(築く必要もない)ですし、空いている時間に働く事ができます。それに短期バイトは、日払いのバイトが多いので、必要な時にお金を得る事ができます。

短期バイトの求人情報サイトを、アルバイトで懐を暖かく!の中でいくつか紹介していますので見てもらえればと思います。

私達の立場から、就職活動をうまく進めるには面接などの練習だけでなく、生活においての人間関係にも配慮しないといけないのかもしれません。

大変難しいことなのですが、よく考えて、自分にプラスになる事を選択するようにすればいいと思います。


転職サイトって意外と使える。

皆さん求人サイトはどこを主に使っていますか?

RE就活やNEXTコンパスなどでしょうか?

しかし、私の調べた中では、結構多くの方が転職サイトも利用しているようです。

しかも、転職サイトから内定をもらっている人も多いような気がしました。

みんなの就職活動日記などの書き込みを見ていても、転職サイトを利用しているという書き込みをよく見ます。

転職サイトって名前の通り、以前会社に勤めていた人が転職のために使うサイトと思っていたのですが、サイト内をよく見てみると未経験可という求人もたくさんありました。

もし、皆さんの中に転職サイトは就職経験のない人には関係ないと思っている方がいましたら、一度サイト内の求人をじっくり見てください。

転職サイトには、大手の求人もたくさんあるので、思わぬ大手から、未経験可の求人が出ているかもしれませんよ。

昨日、就活お役立ちホームページに毎日キャリアナビという転職サイトを追加しておきましたので、一度目を通してみてください。



categories

archives

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode